2016/04/30(土)GearVRで「なごみの耳かきVR」をPlay

はてブ数 VR
DLsite.comの癒し系耳かき仮想体験ゲーム「なごみの耳かきVR」iOS/Android用で簡易VRゴーグルやGoogle CardboardなどでPlayできるアプリ。これを「GearVR」でPlayしてみた。

「GearVR」で起動する場合は通常だとUSB端子にセットした時にOculusのhomeメニューが起動してしまいPlayできないので、GearVRとCardboardを切り替えるアプリ「Play Cardboaed」を使用したり「Samsung Package Disabler」などで「Gear VR Service」を停止させるか、端末をUSB端子に接続せずにハメてUSBの可動部分を一番上まで持ち上げて少し浮かせた状態でセットするなどの方法で起動することができます。(この方法だと無料だが端末がキッチリハマってないので落ちそうでなんか嫌だな)今回は手軽だったので有料の「Play Cardboaed」でモードをCardboaedに切り替えてhome画面が出ないようにして使用しました。

ゲームの流れ

起動>ストーリーの設定を説明>複眼モードになり調整>開始
nagomi01.png

なごみ(CV:浅野ゆい/設定:従姉妹)の位置が体の右側の真横にいるようにして、なごみの方向に横向きに倒れると耳かきモードの会話がスタート!(なごみが居ない逆方向に倒れた場合は何もおきません)このゲームはスマートフォンの「傾きセンサー」を使っているので横に倒れた後はセンサーを動かさないようにして端末を真っ直ぐに固定した状態にして下さい。このポジションを取ることで耳かき会話が進みます。途中で大きく動くと会話が中断するが驚いたり「ダメですよ?」とか話しかけてくるので色々やってみよう。
nagomi02.png
nagomi03.png

視点を変えながら移動して着物の下に潜り込んでみたが下半身の中身はがらんどうでした。へっへっへ…このポリゴンの切れ目の亜空間がタマんないぜ! 着物の帯で大きさが強調される「着物っぱい」も悪く無い…

椅子に座った状態や狭い所でPlayすると物にぶつかるので「視点変更を堪能するためにある程度広い部屋に移動する」「楽に耳かきの体勢になれるようにクッションを用意する」「Playしている姿が異様なので人に見られないように注意する」などのポイントを抑えてPlayするとよいでしょう。

音声のナビはあるが体勢固定や開始の初期位置の判断をプレイヤーがしずらいのが欠点。耳かき中の女の子の姿をじっくりたっぷりねぶるように鑑賞したいが動くと中断してしまうことや(そもそもこの子は「それっぽい動き」をしているだけで真面目に耳かきをしていないことが多いぞ)、動作を軽くするために下半身をスカスカにしているので「着物の間から白いふとももが見えてドキっとする」ことがないのもマイナスか。

音声も凝っているし、モデリングもとても可愛いので発展させて「催眠」「言葉責め」「ヤンデレの妹が見えない位置から襲ってくる」などの萌系VRアプリも色々作って下さい。


偉い人にパンツを見せたらGOサインが出た——DLsite.com「なごみの耳かきVR」制作の舞台裏
>DLsite.comでは、バイノーラル録音と言う立体音響を使った音声作品が人気のジャンルとしてあり、その中でも耳かきと言うカテゴリーは大変人気があります。
【超会議2016】二次元だけじゃなかった! 話題の“美少女耳かきVRアプリ”のブースでリアル美女ともご対面
ゲーム中に細かい所が読めなかった掛け軸の画像がある「二次元の夢が広がるぶい~る」
OK キャンセル 確認 その他